その道の専門家であるお医者さんから学ぶ健康法

体に詳しいだけあって、わずかでも体に良い習慣を心がけておられます。

医者の不養生は、一般人の御手本になりませんよね。

運動編

マラソンや筋トレの様なハードトレーニングでなく、ヨガや太極拳、ゴルフの様なゆったりした運動をする。

アスリートでもないのに、負荷のかかる運動は活性酸素を増加させてかえってダメージになるからです。

ほかは、ややハード目でもテニスとか好きな運動ですね。

通勤で一駅前から歩くなども、多くのお医者さんがやっておられます。

スキマ時間で立ったり座ったりを必ず。

長時間にわたって座っていたら、エコノミークラス症候群:慢性閉塞性肺疾患になるのは良く知られてきました。

それだけでなく、循環器疾患・脳神経系の疾患・内臓疾患のリスクが大幅に上がる事実は、疫学的データによって示されています。

NEATで、運動してカロリー消費を。ニートと発音では就学・就労・職業訓練をしない人みたいですが、そうではありません。Non-Exercise Activity Thermogenesisの頭文字がNEATです。筋トレやスポーツ等身構えた運動ではなくて、日常生活に於けるエネルギー消費を目指す、意味になります。この方が体に良いのみならず寝たきり予防や生活習慣病予防になるのです。

実はNEAT、エネルギー消費の3割で基礎代謝の半分程度になり、本格的運動1時間の3倍にも匹敵するんですよ。ですから、勤めていたら階段を使うとか隣の部署にmailだはなく直接行くとか。主婦ですと掃除でもいいです。

食事編

朝食は必ず摂ります。よく噛んで食べ、消化吸収を良くします。しかも野菜や果物など、ビタミンミネラル、ファイトケミカルの多いモノは必ずです。ファイトケミカルとは植物にある虫や病気から自身をプロテクトする為に分泌する物質です。できれば皮のままで、白いパンや白米はその外皮にある多くの栄養素がみんな無いから、なるべく全粒パンや玄米、雑穀です。

とりわけ朝食では、トーストにはハチミツです。ハチミツはビタミンミネラルと抗酸化物質が豊富ですから。

スクランブルエッグなんかは、循環器に良い今トレンドのオメガ3脂肪酸が豊富な、えごま油を。

それで、免疫を強化する乳酸菌豊富なヨーグルトを付ければ、ほぼ、パーフェクトです。

飲み物はコーヒーです。さる疫学的データでは、3-4杯/日飲めば、全く飲まないよりも循環器・呼吸器の疾患で死亡するリスクが40%下がるんです。

他の食事ではシーベジタブルファーストで食べます。野菜や海藻をから食べたら、食後の血糖値の急上昇=血糖値スパイクを抑えられ、糖尿病のリスクが減るのです。

極端には、カリスマ的人気を誇っていた塩谷信男医師の低カロリー玄米菜食です。カロリーを制限すると、細胞内のエネルギー産生にかかわるミトコンドリアが活性化して、寿命が長くなると言うデータがあるんですよ。

またほかの極端な食生活には、ビーガン。かつて菜食主義と言われた食生活やマクロビオテックをされてるお医者さんがおられますが、賛否両論で何とも言えません。

日常生活

睡眠時間は最低6時間です。これも、疫学的データで6時間未満ですと病気になり易く、早死にだからです。

それで朝起きたら、必ず水を飲みます。起き抜けの時間帯、体は脱水状態で、血はドロドロ。循環器疾患のリスクが高いからです。ですから朝は、循環器疾患の魔の時間帯と、医師の間では周知の事実です。

同時にスグ、カーテンを開け、朝日を浴びます。日差しは寝ている間有意だった副交感神経から交感神経へとシフトするのをスムーズにします。また、脳内物質セロトニンを出させ、幸福感と活動性を上げます。

なお、昼間の短い時間の日光浴では、太陽に当たればビタミンDが合成され、骨粗しょう症のみならず感染症予防になるといった統計があります。曇天でも雨天でも紫外線が来るので、毎日必ず外へ出ます。

深呼吸を。前述の塩谷信男医師の正心調息法がオススメです。具体的な呼吸のやり方は。

吸息充息吐息小息のサイクルです。先に息を吐き切るやり方もあるのですが、それを提唱した人は94歳までで、100歳は超えていません。塩谷信男医師は実に106歳まで生きたので、先に吸う方が良さそうです。詳しい、具体的方法は検索すれば沢山出てます。

何らかの趣味を

なかなか時間が取れない場合もありますが、趣味を持ちましょう。別にイキナリ絵画を始めるぞと、油絵セットを購入してとか構えなくてもいいんです。

会社帰りにギャラリーに立ち寄るとか、好きな音楽のCDをチェックするとかでも良いのです。

オタクと見栄えが悪そうな秋葉原系でも、本人さんが楽しければ構わないでしょう。さるゴットハンドの外科医は、こうしたサブカルチャーが趣味。スキマ時間で楽しんでおられます。

まとめ

いかがですか?全部やるのは面倒。それならば、やれるアクションから取り入れましょう。西川きよし師匠も小さい事からコツコツと、言っておられます。

 

(ブログをお読みいただいた皆様へ)

“私たちは日々の健康を維持するために様々な活動をしております。
毎日の健康に役立つ情報を配信し社会貢献に努めて参ります。“

みんなの合同会社 一同

画像をアップロード

プロロム ヴォーダ商品紹介

セルビアで古くから飲み継がれた、
健康増進抑石温泉水。
プロロムヴォーダはスーッと染み入るような、くせのない飲み心地が特徴的な温泉水です。