新型コロナウイルス感染拡大で懸念される医療崩壊

薬剤師著

感染拡大により、東京大阪の知事が不要不急の外出を控えるよう呼びかけ、都市封鎖も視野に入っています。

で、医師会が、とうとう医療崩壊の危機が迫っていると宣言しました。

感染拡大で医療崩壊

昨今問題になっている医療崩壊とは、安全で画期的な医療を過度に対要求する人々や、医療への過度な期待、病院経営の悪化・医療費抑制による保険点数低下などで医師のモチベーションがの低下し、(より楽な診療科や職種)人々が安定して、ずっと医療の恩恵に預かれなくなる事態を差します。

新型コロナウイルス感染拡大では、高度な呼吸器が要る程の重症患者が増え過ぎ、ICUのみならず病院全体が患者であふれ、医療スタッフも足りなくなって、本来ならば助かる患者も助からない事態が懸念されています。

現に、イタリア・スペインでは医療崩壊が現実のものとなり、処置出来なかった患者が、そのまま亡くなっていたりする事態になっています。

医療崩壊に瀕した日本の現状

新年度初頭の現地点の医療体制は、PCR検査陽性で症状が無くても感染症指定病院に隔離されてしまうんです。感染症法で、症状的に入院治療が要らなくても措置入院と決まっているからです。

患者第一号があった地点では、それで良かったんです。が、感染拡大は止まらず、重症者が病院ないしICUに入れなくなる事態が懸念される様になってしまいました。

ですので、症状が無い/軽症者は、高度医療に指定された医療機関ではなく、ホテルなどを収容施設にして、医療スタッフを置くようなシステムを作るのが急がれます。

4月に入った地点で感染拡大は止まらず、なのに、感染に対応できる、エクモ等専門の機械を使いこなせる医師の数が全然足りていません。

ですので、重症者を重点的に診て、自宅療養で済む軽症者はホテルや旅館を収容施設に使ってそこに隔離しなければ、感染拡大に追い付けないでしょう。

そこへもって院内感染で診療中止の、医療過疎地の中核病院も出てきました。ですので今後、救急や手術がスグ要る重症者が診療できなくなり、医療崩壊になってしまうのが目前に迫っています。

医療崩壊を起こさせないため対策

まず、PCR検査保険適用で検査件数が増加するのに対応できるだけの人数を確保すべきです。また、高度な人工呼吸器:エクモを家電メーカーなどにも依頼して増産すべきです。加えて、診療に当たる医療スタッフを感染させない様、衣料メーカーに防御服等を増産させなければならないでしょう。

感染症を扱える大きい病院へは、重症化リスクの高い人たち(高齢者で基礎疾患あり)が入れるキャパ:容量を空けておくべきです。で、重症化してしまった人は必ず高度な救命装置の恩恵に預かれるようにし、軽症者はホテルなどを充てた隔離施設に割り振るべきです。

加えて、通常の保険医療体制で、新型コロナウイルス以外の救命救急や特殊な疾患の手術含む診療が滞らないようにしなければなりません。

日本でも医療崩壊が生じたとしたら...

高度な医療機関へ、生命の危機に瀕した新型コロナウイルスの患者が押しかけてキャパを超え、対応できないばかりか救急医療も手術も継続不可能になるでしょう。イタリア・スペインの様に感染者が医療を受けられないで放置されて亡くなります。医療体制が整っていたら助かるところを。

ですので、4月に入った地点で医療がなんとか維持出来ている状況を維持しないといけません。そのためには、軽症者及び感染者をこれ以上増やしてはいけません。本人さんは風邪気味くらいで元気であったとしても、重症化リスクの高い人たち(高齢者で基礎疾患あり)にウイルスをばらまき、重症者が病院にあふれて、病院側が対応できなくなります。

医療スタッフも緊張を強いられ続け、感染するか倒れてしまいます。現にイタリアの看護師はインスタグラムで告発し、もう限界だと言っているのですよ。

感染拡大による自粛疲れにどう対応するか?

4月に入った地点で、感染していない人も緊張が強いられ続け、気のゆるみでドンドン外出していますね。もう、国内の酷い感染が来る以前にくたびれているのでしょう。

それでは、医療崩壊にまでなった感染拡大の状況:アウトブレイクが来たとしたら、事態をより悪化させてしまいます。比較するのは不謹慎ですが、重い病気にかかった幼い子供はもっと辛い思いをしているのです。家に籠りっぱなしとは言え、スマホなどのメディアはあるし、好きなモノは食べられます。ただ、太らないように屋内でも出来る運動をしないといけないだけです。手術後感染を起こして3週間ほど病院に留め置かれた人は言います。「当時スマホも無い時代、感染で食べ物も制限されるし。地獄だった。クルーズ船の人らは好きなモノ食べられたでしょう?」と、言っています。

まとめ

出口が見えない日々が続きますが、ここがアウトブレイクにならないかどうかの踏ん張りどころです。不要不急の外出は避け、うがい手洗い等清潔操作をおこたらないようにしてください。

 

(ブログをお読みいただいた皆様へ)

“私たちは日々の健康を維持するために様々な活動をしております。
毎日の健康に役立つ情報を配信し社会貢献に努めて参ります。“

みんなの合同会社 一同

画像をアップロード

プロロム ヴォーダ商品紹介

セルビアで古くから飲み継がれた、
健康増進抑石温泉水。
プロロムヴォーダはスーッと染み入るような、くせのない飲み心地が特徴的な温泉水です。